DraftSightでブロック分解

この記事は2年以上前に書かれたものです。 情報が古い可能性があります。

客先から受け取ったDXFデータをJacConvert 3.04dでJw_cad形式に変換。 あれ?欠落している部分が有る!! それに変換途中でJacConvertが終了してしまうDXFも有る。困ったなー (´・ω・`)

DWGTrueView2011で読み込むと、ちゃんと表示される。Jw_cadで直接DXFを読み込んでも欠落部分がある。図面枠を見ると作図したCADらしい部分に「MC」とあるから、MicroCADAMか?

(´ε`;)ウーン…どしたものか。もしかしてブロック関連か?そだ、DraftSightでブロックを分解してみよう!

結果:おお!欠落なく(たぶん)読み込めた。手順参考は以下。

 

・DraftSightでDXFを読み込み。編集→全て選択。

・修正→分解。ば、爆弾マークなのか?? まぁイイ、名前をつけて保存。 今回私は標準の「R2010図面(*.dwg)」で保存しました。そのDWGファイルをJacConvertを使ってJWW形式に変換。

・ブロックは多重で作成されている場合が有りますので、分解操作は複数回行いました。ブロックが残っているかの確認は、全てを選択後、DraftSightの”パレット”部分のプルダウンメニューで分かります。

上記は分かりやすくするためメニューから行っていますが、私は操作を「Ctrl+A」(キーボード)→分解アイコン(マウス)を使って行いました。この方が断然早い。マクロやスクリプト?なんてのは分からないし。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください