サッシ窓の目隠しを半透明波板で自作

この記事は3年以上前に書かれたものです。 情報が古い可能性があります。

2014年2月初旬の事。1階サッシ窓にスダレをかけて目隠し代わりにしてたんだけど、外壁塗装したこともあって半透明波板を使って目隠しを自作した。

ビフォア:スダレ
2014-02-08 07.29.15.jpg

アフター:半透明波板(右側のみ)
2014-02-08 07.29.32.jpg

外壁塗装する時に邪魔になりそうだったのでスダレを取り外した。すると、おやまぁ室内はこんなに明るかったのか!と、ビックリした。スダレが遮光してたことに今更ながら気がついた。それに見た目も悪くなったので重い腰を上げて取り替えを決意。

それじゃ買うか?…って、調べてみたがルーバータイプなどのようにリフォームするつもりはない。目隠しシートなども有るようだが、実際に見ていないので効果が不明。それに目的は窓を少し開けておいても見えないことなのだ。

よっしゃ、ここはいっちょう自作と行きますか。最近DIYしてないのでウズウズしてたんだよね。父ちゃんに任せろ!

アレコレ頭の中で考えて方針を決定。とりあえずナフコに出かけて材料を選定。

設置場所

・風呂場
・洗面所
・トイレ
…の窓3ヶ所。各窓のサイズは幅70cm×高さ80cmくらい。外側にアルミの格子付き。風呂場と洗面所は並んでいて同じ窓のように見える。

材料

・PCエンボス波板6尺クリア:898円×2枚
 幅:約60cm 長さ:約1.8m
・ロックタイ300mm-100本入り(黒):498円×1袋

PCエンボス波板ってのはポリカーボネイト製の表面(片側)にザラザラとした模様の加工が施されている波板。ナフコに実際に見に行って目隠しに使えるかを判断した。使えそうだし安価だったので波板方式に決定~。

波板の幅が窓幅より足りないので2枚を重ねようと思っていたが…実際には1枚で済ませた。

ロックタイを使って穴を開けた波板をサッシ格子に固定した。実際に長さを図ってみて「このくらいかな?」より長めのロックタイが必要。長ければ切ればいいけど、短いと 役に立たない 継ぎ足すことになるので。100本も必要ないけどこれしか売ってなかった。まぁ、いろいろ他にも使い道はあるだろう。

道具

電動ドライバーの先端をドリルに取り替えたもの。これは持っていた物を使用。波板穴開け横滑り防止具も持っていたので使った。
他にハサミやカッター、マジックペン、コンベックスなど。

波板切断

波板の波が垂直方向に向くようにした。横にするとロックタイをたくさん付けないといけなかったので。幅が少し足りないけど、設置しない部分は元々スリガラス窓なので室内は見えないだろう。少しくらい見えてもいいや(ぉぃ) 波板は窓を開ける方に寄せて設置する。

窓とサッシ格子の間にハマるように寸法を計測。波板にマジックで印を付ける。
2014-02-07 22.35.34.jpg

木材の端切れを使って波板をカッターで切ろうと思ったが…
2014-02-07 22.37.59.jpg

切りにくいので園芸はさみでチョキチョキ切った。
2014-02-07 22.39.10.jpg

波板の切断完了。
2014-02-07 22.41.00.jpg

穴開け

切断した波板を窓に当てて、ロックタイで縛る部分にマジックで印を付けた。上側と下側のみ。サッシ格子を1つ飛ばしくらいの間隔にした。間隔が開きすぎると風が吹いた時に波板がバタバタの揺れてうるさい。理想は格子ごとに付けた方がいいんだろうけど、手を抜いた :mrgreen:

印を元に波板穴開け横滑り防止具を使って穴開け。ドリル径は6mm位だったかな? ロックタイが入る大きさで。
2014-02-08 07.37.59.jpg

波板の山の間隔が格子と一致しないけど、その辺は適当に調整しながら。穴にロックタイが入ることを確かめておく。
2014-02-08 07.44.22.jpg

ロックタイで固定

窓とサッシ格子の間に波板を入れて、ロックタイでゆるく固定していく。いきなりロックタイをギュッと締めると歪んでしまうよ!
2014-02-08 07.54.38.jpg

すべての穴にロックタイを通したら波板の位置を調整しながらロックタイを締めていくが…ありゃ~、穴がずれてきた~。仕方ない、開け直しだ。格子に波板を付けたまま、ドリルを使って何ヶ所か穴を開け直した。

ロックタイを完全に締め込んだら余分な部分はハサミでカット。
2014-02-08 07.54.53.jpg

あ~、それと縦方向にもロックタイが必要だった…。もう設置しちゃったよ。急遽両端に穴を開けてロックタイで固定した。

完成

すったもんだしながらすべての窓に目隠し設置完了~。
2014-06-10 08.14.19.jpg

黒色のロックタイが目立つかな? 本当はサッシ格子と同じ茶色系が良かったんだろうけど売ってなかったなぁ。白色じゃ余計に目立つような気がするし…。

効果

昼間、生活道路側から見ても室内は完全に見えない。波板側の窓を半分開けておいても室内は見えない。風がビュンビュン入ってくるわけではないが、若干の換気くらいならできそう。これはまぁまぁ成功だな。

昼間の室内はずっと明るくなった。これは大成功。以下の写真はトイレの窓を少し開いている状態で室内から撮影。
2014-06-10 08.17.45.jpg

夜間、風呂の電気を点けると中で人が動いているのは分かる。しかしながら男女の区別はできないくらい。いいでしょ、このくらいなら。えっ、もっと見えないようにって? それじゃ採光できなくて室内が暗くなるからこれで我慢して :mrgreen: 気になる人はブロンズやスモークなどの波板、もしくはエンボス加工のきついものがあるので、そちらを使ったらいいかも。 おしまい。

2 Replies to “サッシ窓の目隠しを半透明波板で自作”

    1. あっ、そうですね!
      そう言えば以前やった事があったんだ。でも「短いのはダメ」と、思いこんでたのは見た目の悪さだったのかな?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください