マウスジェスチャー

この記事は3年以上前に書かれたものです。 情報が古い可能性があります。

「DraftSight」 使っているとJw_cadの全体表示っぽい操作をしたい。Jw_cadではマウス両ボタン上方向ドラッグ。DraftSightでは右ボタンドラッグでの「マウスジェスチャー」にて代用。

以前にも書いたっけ? せっかくキャプしたから、ダブってても まぁいいやw

 

・DraftSight→ツール→MouseGestures

 

・マウスジェスチャーの窓で

カテゴリ→表示(V)を選択。「マウスジェスチャーの有効化」をチェック、4動作(時計?を4分割)か8動作かを選択。

今回は一欄から「ウインドウにフィット」の右欄「Select」を左クリックし、▼リストから割り当てたい方向をクリック。 とりあえず6時方向にした。

 

・OKボタンで設定終了。 DraftSight画面内で右ボタンドラッグすると、Jw_cadで言うクロックメニューが出てくる。

コツは表示されたドーナツの白い部分でマウスボタンを離すこと。それ以外ではコマンドが起動しないみたい。最初はゆっくりドラッグしてみるとイイかも。


12時方向には表示の「ズーム境界」ってのを割り当ててみた。その他、よく使うコマンドなどを割り当ると便利かも。

おしまい。

 

※追記:コメントで教えてもらいました。 マウスのスクロールボタンダブルクリックで全体表示できますね、こちらのほうが簡単。 スクロールボタンの無い人は使えないけど。

参考サイト:ググッてみると以下サイトがヒット。詳しく解説されてます。

スクロール操作の基本

「前方に回転」

画面が拡大ズームされます。

「後方に回転」

画面が縮小ズームされます。

「スクロールボタンをダブルクリック」

作図されたオブジェクトが全表示になります。

「スクロールボタンを押したまま移動」

マウス方向に表示画面が移動します。

引用元: DraftSight(4)-2マウスの操作.

 

ディスカッションに参加

3件のコメント

  1. マウスのスクロールボタンダブルクリックで全体表示されます。
    ちなみにスクロールボタンを押しながら移動すると画面移動です。
    AutoCADと同じですね。

    1. ああ、ほんとだ!全体表示できますね!
      ありがとうございます。

      画面移動は時々見かける操作なので知っていました。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。